狐崎水産について

●仲間と共に・・・

私たち狐崎水産6次化販売は、震災後、浜の漁師仲間が集い、新しく設立した会社です。
牡鹿半島の南側に位置し、太平洋の暖流と寒流が交わり、緑豊かなミネラルの恩恵を受ける狐崎浜で、牡蠣の養殖を中心に行っております。
自然と対話しながら荒波で育てる牡蠣には自信をもっております。
また、狐崎浜は、太平洋に面しながら、運がよければ「海に沈む夕陽」を見ることができる浜でもあります。

震災により、漁具等を全て失いましたが、仲間と共に毎日のように議論を重ね、「浜の将来」「後継者の育成」を考え、新たに漁師中心の会社を設立ようということになり現在に至っております。
漁業の6次産業化に取組み、活気があり、笑顔溢れる浜にすべく、邁進しております。

●狐崎水産の牡蠣の特長は・・・

狐崎の牡蠣は、静かな湾内で育てるのではなく、外海の荒波に揉ませながら育てます。
自然環境の厳しい、荒波で育つ牡蠣は、大粒の身でありながら、身が締まり、甘味と風味を持ち合わせた、まさに「海のミルク」にふさわしい牡蠣となります。

また、狐崎浜は、季節によって様々な海の恵みが獲れる浜でもあります。
「ワカメ」「シャコエビ」「アワビ」「ナマコ」「ウニ」「アナゴ」「スクモガニ」等が獲れます。

 

 

 

 

●狐崎水産の漁師たち
狐崎水産の漁師をご紹介いたします。

屋号 : カネト
漁師 : 古内 新一(ふるうち しんいち)
屋号 : カワボシ
漁師 : 佐藤 信也(さとう しんや)
屋号 : マルタ
漁師 : 菅野 健(かんの たけし)
屋号 : マルサン
漁師 : 阿部 毅(あべ つよし)